イベント情報

マレーシア日本語ビジネスプレゼン大会

明後日、会津若松市で講演会がありますので、海岸沿いを散歩しながらリハーサルをしていました。
人前で、怒ったり、大声で泣き叫んだり、人に説教ばかりするというのは、普通の人は理解できないことかもしれませんが、心理学の先生の話によると、そうすることで、脳内に気持ち良い成分が分泌されるそうで、一度やった人は、気持ちが良過ぎて、やめられず、またやりたくなるそうです。
ああ、そういえば、小学生の頃、いたいた、そんな先生が…
中国にいた頃、トレンディドラマのクライマックスばりに、カップルが怒鳴り合っている喧嘩をよく見ました。そのうち、2人とも泣きながら「愛してる」と言って抱き合い、そこで喧嘩が終わるのでした。大喧嘩の様子を、大勢の人に見てもらって、快楽が倍増したでしょうね……。
それで気がついたのですが、不機嫌な人はなぜ不機嫌なんだろう?と以前は不思議に思っていましたが、あれは、単に気持ち良がっていたということなのですね…。これからは、「あの人は、いま、気持ち良がっているな」と視点を変えることができます。
そして、誰もいない海で講演会のリハーサルを、喉が枯れるまでやり倒す自分は、そっか、自分はこれまで努力家かと勘違いしていたけど、気持ち良がっていただけなのか……などと考えてみました。
この世に不思議なことなどなに一つもなく、必ずポジティブな理由が存在するのだと、思えるようになりました。その答えは「気持ちが良いから」。
ところで、先日のマレーシア日本語ビジネスプレゼン大会の様子が掲載されていました。今回、この大会を主催されていた日本語学校の校長先生とずっとご一緒させていただきましたが、周りの方々から支えられているのがわかり、彼女の愛され力の大きさを感じることができました。愛され力って、この世で一番強くて大事な力だと思いました。
シェアする